政策

林まろみの描く未来

 

本当に子育てのしやすい街に

  • 待機児童ワースト1となった明石市、働く親にとって信頼できる子供の預け先はライフラインです。
  • 母親の視点で、子育てをめぐる問題の解決に取り組みます。

 

子どもの権利のために

  • この子供時代の豊富な経験は、成長に大きく関わります。
  • 子供も自分にも自分らしく生きる権利があり、それを守るのは大人の責任です。
  • 困難な時代をしなやかに生き抜く人間に育ってもらいたい、子供の教育に関わるものとして行動を起こします。

 

すべての人が多様さを認めあう まあるい社会に

  • 年令や性別にかかったら、ハンディキャップのある人も、歳を重ねて日々のことが難しいなった人も、みんなが自分らしく生きられるように。
  • お互いさまに支えあえる、まあるい社会に。
  • どんな人にとっても暮らしやすい明石をめざします。

 

明石らしさ」を文化で

  • 明石の暮らし、明石の資源、明石の人材、明石の才能を活かし、明石発信の文化を育てていく取り組みを行います。
  • ビルが建ち、橋がかかっても、木や海や鳥や風が都市の景色を豊かにするように、本や音楽やアートといった文化が、人の心やまちを豊かにします。